普段の動作にちょい足しで運動

座りながら運動

食事中など、座りながらできる運動をご紹介します。

1太ももではさむ
座っているときに、太ももに電話帳やカバンを挟みます。
ずれたり落ちたりしないように、太ももを意識して引き締めましょう。
運動ついでに、O脚の改善やインナーマッスルを鍛えることにも効果が期待できます。

2足を上げる
椅子に座った状態から、膝を伸ばして両足を前にあげてみましょう。
ピンと前に出した状態でキープです。
腹筋が使われているのがわかると思います。
ポイントは両足をそろえること。
初めはプルプルするかもしれませんが、鍛えられている証拠です。

運動できればもちろん良いのですが、何時間も座りっぱなしは健康によくありません。
たまには立ち上がってリフレッシュしてくださいね。

動作に付け加える運動

1トイレでちょい足し
人間、生活していれば必ず行くことになるトイレ。
トイレの前に30秒だけちょい足しで運動してみましょう。
やり方は簡単、便座に座る前に空気椅子状態でキープ。
30秒経ったら普通にして大丈夫です。
ピンチの時は用が終わった後でも良いですね。

2立っているときにちょい足し
歯磨きなど、立ちながら何かをすることは意外と多いものです。
この時に足を順番にグッと曲げてみましょう。
かかとを太ももの裏側につけるようなイメージです。
ポイントはゆっくり、そしてしっかりと曲げることです。

ちょい足しではほんの少し動作を足すことで、運動効果が期待できます。
そのほかにも動作を大きくする、移動の前に体をひねる、なども効果が期待できるようです。
毎日こまめに続けられるよう、無理のない範囲で試してみてくださいね。


B!